つなぎ融資の意味は?

住宅を新築したことのある方でなければ、つなぎ融資という言葉を聞いたことはあっても、その詳細についてはご存じないという方も多いかもしれません。
つなぎ融資とは一体どんな意味があるのでしょうか。
基本的にはその名の通り、つなぎ資金のための融資ということになり、結論を言うと住宅ローンの融資が実行されるまでの間、一時的に借りておくお金ということになります。
なぜこんなつなぎ融資が必要なのかというと、住宅ローンの実施のためには、建物と土地を抵当権に入れる必要があるのですが、この処置を行う上で建物が完成していないといけないという決まりがあるのです。
そのため建物が完成していない着工前の時点では、工事費を支払えません。
したがってつなぎ融資を利用するのです。