税理士+社会保険労務士資格で無敵?

自分は、今、税理士事務所で働いている。
税理士事務所の主な仕事は、法人や個人事業主と顧問契約を結び税金の計算をしたり、税金関係の相談をするなど、法人や個人の税務のサポートすることである。
その中でも重要なのが労務関係。
会社が支払う給与については、所得税や住民税の税金はちろんのこと、年金関係や雇用保険などの社会保険などもからんでくる。
税金計算だけでも大変なのに、そこに社会保険などの計算もしているとパンク状態になることもある。
大きな事務所ならいいのだが、そうでない事務所となると、労務関係の仕事については、別の事務所の社会保険労務士にお願いすることが多い。
社会保険労務士は国家資格であり、社会保険のエキスパートである。