フラット35請負契約書とは?

フラット35を申し込むときには、請負契約書の建築内容と費用がチェックされます。
フラット35の融資を受けるときに、必要費用の9割を超えるか超えないかで金利が変わってきます。
申込時に請負契約書を提出することで、そこに記載されている金額を元に融資額を決めるのです。
でも、いきなり住宅メーカーに行ってすべてを決めて、書類を揃えて金融機関に出向かなければいけない訳ではありません。
見積もりをしながら調整をして本申し込み、業者への入金のタイミングをどうするかなど詳しく打ちあわせしながらすすめるケースもあります。
建築業者からオススメの金融機関を紹介される事もありますし、新築の場合は見積もりを取って、打ち合わせをしながらすすめる事になるでしょう。
フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】